バイプレイヤーズ第1話はエンケンさんがハムスターと戯れていてかわいい!

テレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」第1話が2/7に放送されました。

このドラマ「バイプレイヤーズ」は、テレビ東京のテレビドラマシリーズで、前回は2017年1月にドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」が放送されていましたね。

今回も遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんが前回とおなじように出演しますが、寺島進さんだけはスケジュールの都合により出演しないとのことでした。残念ですね。

今回の内容は、テレビ東京がスタートさせる朝ドラ「しまっこさん」に共演することになった5人が、大杉さんが操縦する船で移動していたところ間違って無人島に漂流します。

バイプレイヤーズの5人は突然南の島でサバイバル生活を強いられるという展開とのことですよ。

「バイプレイヤーズ」第1話のネタバレありです。

Sponsored Link

バイプレイヤーズ第1話、遠藤憲一がハムスターと戯れてかわいい

バイプレイヤーズ、2話、エンケン

バイプレイヤーズ第1話では、無人島に漂流してしまった5人が、寝床を探していました。

そんななか、寝床になりそうな場所をみつけたのですが、そこで田口さんがハムスターを発見!

みんながかわいい~と集まっているなか、遠藤憲一さんことエンケンさんは一瞬とまどいを。

 

だけど、そっと手を伸ばしエンケンさんの手にハムスターを置いたときの、そっとなでているときの嬉しそうな顔!

そのあとは、おなかの上にのせて顔のほうまであがってくるハムスターと一緒に楽しそうなエンケンさんでした。笑

 

ハム恵という名前まで名付け、寝るときもケースごと隣においたりしていましたよ。

「バイプレイヤーズ」第1話では、エンケンさんがハムスターと戯れているシーンがかわいいと盛り上がっていたようです。

こわもて俳優のかわいらしい一面ですね。これもまたギャップなんでしょう。

 

そして翌朝からは食料を調達することに。

大杉さんと田口さんは海へ行き、松重さんと光石さんは山へ行くことに。

 

そしてエンケンさんだけは1人で、家で衣料や非常食、暖房などを探すことを言われ、

「俺ひとりだけぇ~?」といって心配になっていたけど、山へは行きたくないみたいでした。

 

エンケンさんは、1人で家の中で衣料などの使えるものを探してるのかと思ったら、手のひらにはハムスターのハム恵が。

心配性で不安だそうなので、1人では心細いんでしょうね。

 

そして窓辺に座って朝ドラ「しまっこさん」の資料を見ているエンケンさん。

ん?よくみるとエンケンさんの肩にハムスターが!

なんだこの細かい演出は。

またそこがかわいいシーンなのでした。

ちなみにバイプレイヤーズ第1話のナレーションは遠藤憲一さんでしたよ。

Sponsored Link

関連記事:

【バイプレイヤーズ】しまっこさんも放送してほしい!内容や今後の展開は?

バイプレイヤーズ第2話の感想は、年下の松重豊が振り回されてかわいそう

バイプレイヤーズ4話の感想、光石研はオシャレ担当って本当?自宅が有名?

バイプレイヤーズ第1話は、バイプレイヤーズの代役が豪華!

前回同様、バイプレイヤーズはまったりゆるいテイストだそうです。

そしてバイプレイヤーズ第1話では、出演する予定だったのに遭難してしまった5人のバイプレイヤーズたちに、ドラマ「しまっこさん」の代役を立てていました。

それが、豪華なんだけど、これまたびみょうにいいとこついてきたといいますか(笑)

ちなみに代役がこちら。

・田口トモロヲ → 野間口徹

・松重豊 →  森下能幸

・遠藤憲一 → 菅田俊

・光石研 → 甲本雅裕

・大杉連 → 小日向文世

観たことある俳優さんばかりで、代役バージョンもおもしろそうですけどね。

 

そして、バイプレイヤーズ1話のラストシーンで、実は漂流したわけではなく、ロケ地とは反対側にいただけだったというオチ・・・。

代役をたてて撮影してますから、やっと合流したとしても役はないという。笑

ただのエキストラのような島のおじさん役をベテラン俳優のバイプレイヤーズの5人が演じていて笑いました。

しかもエンケンさんは、女装だし。破壊力がすごいです!

エンケンさんだけは、おじさんだけどおばさんという設定の島ママ役ってなんですか。

最後笑いました!

ゆるいのですが、それがまたおもしろいので「バイプレイヤーズ」2話もたのしみですね。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。