日大アメフト部の内田監督は卑怯者!どこに雲隠れ?自宅や住所は?

5月6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学試合で、日本大学の選手による『危険なタックル』により関西学院大学の選手が大きなけがをした問題です。

危険な反則タックルをした日大の生徒は、内田監督の指示だったと証言していますが、日大側は否定しています。

だとしたら、日大の生徒が勝手にやったと大学側が主張しているということでしょうか。

そもそも日大アメフト部の内田監督が関与していないなら、出てきてもいいのに姿を現しません。

Sponsored Link
日大アメフト部の問題まとめ!悪質タックルに関する詳細、指示は?

日大アメフト部の内田監督は卑怯者!

5月6日に行われたアメリカンフットボールの「日大」と「関学大」の定期戦で、日大選手による危険なタックルが繰り返し行われました。

関学大のタックルをされた選手は、膝の軟骨を損傷するなど全治3週間の大けがをしています。

明らかにわざとだと思われるようなタックルをする日大の生徒は、試合後に泣いていたとのことです。

というのも、

「監督から「責任は俺がとる」と言われていた」

と話していましたし、他の日本大学関係者も

「今回のプレーは監督からの指示でやってしまったものだ」

と証言してるとのことでしたが、内田監督は騒動後に一切姿を現しません。

これにはネット上の反応も

・内田監督は嘘をついただけでなく選手を売った。指導者以前に人として卑怯者だ。

・日大アメフト部の内田監督、スポーツマンシップどころか卑怯者感しかない。

・内田監督は出てくるべき!責任者の仕事です。

などの意見が多くありました。

内田監督は責任者として出てくるべきですし、生徒を守る必要があると思いますがどのような対応をしていくのかが注目されます。

Sponsored Link

関連記事:

日大アメフト部の井上コーチの経歴は?悪質タックルを指示か?

日大アメフト部大量退部の原因は?謝罪会見はなぜない?対応が遅すぎる!

日大アメフト部の内田監督はどこに雲隠れ?

5月6日に行われたアメリカンフットボールの定期戦で行われた「危険なタックル」

まったく姿を現さない内田監督が雲隠れしていると話題になっています。

本当に日大側の、監督側の責任ではないなら、出てきて発言すればいいと思います。

もしそうではなくて、日大側が監督を守っているだけだとしたら

逆に印象は悪くなりますよね。

だって、生徒よりも監督を守るんですよ。

そんな大学には、誰も入りたくないですし、経営もなり立たなくなるのでは?なんて思ってしまいます。

日大アメフト部の内田監督の自宅や住所は?

日大のアメフト部の内田監督の自宅や住所はさすがに明らかにはなっていません。

内田監督は日大アメフト部の監督ですから、毎日、日大に通っているのでしょう。

ちなみに

日大の住所は、東京都千代田区九段南4丁目

にあります。

ですので、この辺りに住んでいるかもしれません。

ですが

日大アメフト部のグランドの住所は、

東京都世田谷区桜上水3丁目25-40

にありますので、グランドの近くかもしれませんね。

内田監督は、日大の常務理事でもあるので、さすがに徒歩ということはないので車通勤してる可能性もあります。

どちらにしろ、マスコミは被害者の自宅の前にも張り付くので、内田監督の自宅に押しかけそうですが…。

ということで、日大アメフト部の内田監督は卑怯者について調べてみた件でした。

その後の取材で、日大のアメフト部の内田監督が5月18日の夕方に伊丹空港に到着したことが分かったと報じています。

当初は否定していた日大側は5月19日に、負傷した関学大の選手らに直接謝罪するとみられていますので、今後の対応が注目されます!

Sponsored Link