リーガルVはリーガルハイの続編?脚本家は橋本裕志!他の作品は?

10月スタートのドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」は米倉涼子さんが主演を務めますね!

「リーガルV」って聞くと、「リーガルハイ」を思いだしてしまうのですが、違うもの?続編かなにか?

また、リーガルVの脚本家は誰?ほかの作品はどんなものがあるのか?

について調べてみました。

Sponsored Link

リーガルVはリーガルハイの続編?

米倉涼子さんが主演を務める「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」が10月11日にスタートします。

「リーガルV」と「リーガルハイ」のタイトルが似ているためか、続編か?と気になってしまいますよね。

そもそも「リーガル=legal」とはどういう意味かというと、

法律に関する、法的

という意味があります。

つまり「リーガルドラマ」は「法律ドラマ」ということ。

リーガルハイも弁護士が登場する法廷ドラマでしたよね。

リーガルドラマは、今海外でも人気で、

「私はラブ・リーガル」、「リーガルに恋して」

などリーガルが入っているタイトルもあります。

ということで、「リーガルV」と「リーガルハイ」は続編でもないですし、全く違うドラマです。

共通点は、法律ドラマということなんですね。

ちなみに米倉涼子さんの代表作品の「ドクターX」の流れをくんで「リーガルV」というタイトルになったそうですよ。

ドクターXに続いて起用されたのは勝村さんのみで、他のキャストは一新されますが。

米倉さん演じる小鳥遊翔子が、訳ありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんな不利な訴訟でもV=Victory(勝利)する様子が描かれます。

ちなみに米倉さんが演じる小鳥遊翔子の読み方は、たかなししょうこと読むそうですよ!

読めーん!!w

リーガルVの脚本家は橋本裕志!

ということで米倉涼子さんが主演を務める「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子」の脚本家は、橋本裕志さんです。

それではここで簡単プロフィールを見ていきましょう。

橋本 裕志(はしもと ひろし)

・1962年2月5日生まれ

・北海道出身

・小樽商科大学卒業

大学時代は演劇部で活動。1989年に脚本家デビュー、その後はアニメの脚本やシリーズ校正などに携わっていました。

1998年のドラマ「ショムニ」以降は実写作品が中心となりました。

Sponsored Link

リーガルVの脚本家は橋本裕志の他の作品は?

ということで、リーガルV以外の作品についても調べていきましょう!

アニメの作品リスト

・平成天才バカボン

・ウルトラマングラフィティ

・それいけ!アンパンマン(1991年)

・幽☆遊☆白書

・忍たま乱太郎(1993-1997年)

・ゲゲゲの鬼太郎(第4作)

・金田一少年の事件簿

・ONE PIECE番外編(2000年)

などなどがあります。

かなり有名な作品が並んでいますね!観たことがあるのではないでしょうか。

他にも映画やドラマなどの主な脚本作品があります。

・ショムニシリーズ

・堂本光一さん主演のドラマ「天使が消えた街」

・ウォーターボーイズシリーズ

・渡哲也さん主演のドラマ「熟年離婚」

・木村拓哉さん主演のドラマ「華麗なる一族」

・新垣結衣さん主演の映画「フレフレ少女」

・西田敏行さん主演の映画「星守る犬」

・阿部寛さん主演の映画「テルマエ・ロマエⅡ」

・大野智さん主演のドラマ「死神くん」

・有村架純さん主演の映画「ビリギャル」

・三浦友和さん主演のドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」

・三浦春馬さん主演のドラマ「オトナ高校」

・とんねるず木梨憲武さん主演の映画「いぬやしき」

などなどなど!書ききれないほどの作品がありました。

「ショムニ」シリーズは、複数の脚本家での作品のようですが、この作品以降、映画やドラマの作品が中心となっています。

それにしても、アニメから実写化までと幅広いジャンルの作品ですね!

ということで「リーガルVの脚本家は橋本裕志!他の作品は?リーガルハイの続編?」について調べてみました。

個人的にはドラマの脚本家は誰なのだろう。他にどんな作品があるのだろうということも気になってしまいます。

リーガルVは原作がないようなので、どのような作品なのか楽しみですね(*´ω`*)

Sponsored Link