紀平梨花の高校はN高校!幼稚園はヨコミネ式の広田幼稚園!

ポスト浅田真央と注目されている紀平梨花選手。

トリプルアクセルを2度成功して逆転優勝!

GPシリーズ初出場での優勝は日本初です。

そしてGPシリーズ連勝を飾り、GPファイナルへの進出を決めました。

そんな今回は、

・紀平梨花のプロフィール

・紀平梨花の高校はN高校!

・ヨコミネ式の広田幼稚園がルーツ?

などについて調べてみました。

Sponsored Link

紀平梨花のプロフィール

紀平 梨花(きひら りか)・2002年7月21日生まれ

・兵庫県西宮市出身

・身長154cm

5歳でスケート教室に通い始めた紀平梨花選手。

小学校1年生からは、個人レッスンも開始しました。

中学に進学すると、両親は住んでいた一戸建てを売却し引っ越します。

進学した中学が自宅から遠く、時間がもったいないので学校とリンクに通いやすいところに引っ越したのだとか。

紀平選手をスケートの練習に集中できるようにとのことですね!

そして紀平選手のお母さんはもともと正社員として働いていましたが、梨花選手のレッスンの送迎をするために会社を辞めて時間の融通がきくデパートの販売員に転職。

またお母さんが送迎できないときには、おじいちゃんも送り迎えをするなど一家総出で紀平選手をサポートしていたようです!

子供のために引っ越したり全力でサポートできる両親も素晴らしいですね(*´ω`*)

Sponsored Link

紀平梨花がトリプルアクセルに成功!

GPシリーズのNHK杯では、シニア1年目にして優勝!2度のトリプルアクセルを成功してさらに注目された紀平梨花選手。

紀平選手のISU公認試合でトリプルアクセルに成功したのは、

ジュニア時代の14歳だった2016年9月に行われたジュニアGPで、トリプルアクセルを成功して優勝しています。

これはフィギュア女子で史上7人目となるトリプルアクセルの成功でした。

そして2018年シーズンからシニア入り。

11月に行われたGPシリーズNHK杯のSPでは、トリプルアクセルで転倒し5位となりましたが、フリーではトリプルアクセルを2本成功させる会心の演技で逆転優勝しています。

GPシリーズデビュー戦での優勝は、日本勢では初の快挙!

ちなみに女子のトリプルアクセル成功者は、紀平さんを入れて9人います。

日本人では伊藤みどりさん、中野友加里さん、浅田真央さんに続く4人目となります。

紀平梨花の高校はN高校!

紀平梨花さんが通っているのは、N高等学校です。

N高等学校とは、

沖縄県うるま市伊計島に所在する通信制の私立高等学校です。通称は、N高。

2016年4月1日に開校。角川ドワンゴ学園が運営しています。

好きな時間や場所からネットで授業に参加でき、3年間で高卒資格も取得。

通常のカリキュラムに加え、プログラミングや小説など様々な課外授業も豊富に用意されているんだそうですよ。

紀平選手は、N高の特別奨学生として在学しているとのことです。

2018年9月現在の在籍数は、全生徒数は7041名。

紀平選手のほかには、フィギュアスケート選手の川畑和愛さん、e-sports選手の相原翼さん、囲碁プロ棋士の広瀬優一さんなど実績のある選手も在学しているようです。

紀平選手がN高を選んだ理由は、

通学の必要がないために、インターネット学習の通信制高校に進んだとのこと。

スケートに専念するために通信制の高校を選んだようです。

人生を懸けてスケートをやっている。遊んでる暇はない

と話し、世界の頂点に立つためにすべてを競技にささげています。

平日はもちろん、土日もみっちり練習があります。

フィギュアに生かすために、陸上トレーニングやバレエ、ダンスなどもしているようです。

また、移動時間もスケートの動画をみているという。

トリプルアクセルが跳べなくなるのはいやだと食事もコントロール。

体調管理もしっかりしていて、体脂肪率は1ケタ台。

食材もスーパーで自分で選び、昼食と練習後のお弁当を毎朝手作り。

徹底した自己管理で、すべてはフィギュアのためというストイックな紀平選手です。

紀平梨花、幼稚園はヨコミネ式の広田幼稚園がルーツ?

紀平梨花選手は、ヨコミネ式教育法の広田幼稚園に通っていました。

広田幼稚園は、兵庫県西宮市にある幼稚園。

ヨコミネ式とは、

プロゴルファーの横峯さくらさんの伯父さんが提唱している運動をメインとした子育て法のことで

「学ぶ力」「体の力」「心の力」

を引き出すものだそうです。

将来自立するためにあえて高いハードルに挑戦させるとのこと。

紀平選手は、このヨコミネ式教育法を導入していた広田幼稚園に通っていました。

向き不向きはありそうですが、紀平選手には向いていたんでしょうね。

その甲斐があってか、

年長組の時には毎朝園庭を2キロ走ったり

9段の跳び箱もクリアしたり

逆立ちで歩いたり

と、紀平選手は運動神経が良かったそうです。

当時から運動神経は群を抜いていたようで、

マラソン大会は女子ではいつも1番。

なんでも覚えるのも早く、まだできない生徒に教えたりもしていたようです。

ということで「平梨花の高校はN高校!幼稚園はヨコミネ式の広田幼稚園がルーツ」について調べていきました。

世界でも数人しか跳べないトリプルアクセルを成功した紀平梨花選手。

ですがそれは天才だから跳べたのではなく、ほんとうにたくさんの経験をしてきたんだとか。

半端ない練習をしている紀平選手だからこそトリプルアクセルを成功しています。

今後の活躍に期待したいですね(*´ω`*)

Sponsored Link