「生田家の朝」の放送時間は?キャストや子役、主題歌は?

日本テレビの朝ドラ「生田家の朝」が12月10日からスタートします!

このドラマは日本テレビが開局65年のタイミングで立ち上げたドラマ制作プロジェクト。

福山雅治さんが企画プロデュースと主題歌を担当しています。

脚本家はバカリズムさんで、福山さんの希望だったとか!

そんな今回は、

・「生田家の朝」の放送時間は?

・「生田家の朝」のキャストや子役は?

・「生田家の朝」の主題歌は?

などについて調べてみました。

Sponsored Link

「生田家の朝」の放送時間は?

「生田家の朝」は日テレ系「ZIP!」内で放送される朝ドラマです。

初回の放送日は、2018年12月10日(月)にスタート!

放送時間は、月曜から金曜の朝7時50分ごろ。約7分間・全13話のドラマです。

Sponsored Link

「生田家の朝」キャスト、子役は?

「生田家の朝」のキャストは、

生田 浩介(ユースケ・サンタマリア)

「生田家の朝」主人公。

生田 早苗(尾野真千子)

浩介の妻

生田 美菜(関谷瑠紀)

浩介と早苗の子ども。姉。

生田 悟(鳥越 壮真)

浩介と早苗の子ども。弟。

「生田家の朝」のあらすじは?

「生田家の朝」は、サラリーマン家庭の朝の食卓が舞台。

日本のどこにでもあるような、ごく普通の家庭の朝の風景です。

まるでドラマに出てくるようなマイホーム生活にひそかに憧れていた浩介だが、

「ダイニングテーブルの生活感問題」

「ソファーもほぼしんでいる問題」

「毎朝フレッシュジュースを作るはずのジューサーが使われない問題」

など…。朝食やインテリアをめぐって家庭内で起きるささいな出来事や生田家の慌ただしい朝ごはんの模様が様々なトラブルと共に描かれます。

どんな家庭にでもありそうな朝の「あるある」ですね。

どこにでも起こりそうな出来事が題材ということなので、

とくに大きな事件もどんでん返しもないようです。

1話は約7分で、同じシチュエーションで繰り広げられ、ほとんどリビングが舞台になっています。

そして99%キャストの4人しか出てこないんだとか。

早苗役を演じた尾野真千子さんは、

「本当に食卓ですからね。飽きる。ずっと同じところなんです」

と話すと

ユースケさんも

「毎回、朝食の時間帯の話なんですよ。やっぱり煮詰まってくるし」

ともらしていましたw

ドラマ内の時間も放送時間とおなじ午前8時前という設定になっています。

観ている時間帯と同じ時間帯が描かれているというのが面白いですよね!

脚本もバカリズムさんが担当しているのも楽しみ(*´ω`*)

「生田家の朝」の主題歌は?

「生田家の朝」の主題歌は、企画プロデュースを務める福山雅治さんの「いってらっしゃい」です。

楽曲は、ママ目線の曲ということで、尾野真千子さんが演じるキャラクター・早苗を軸に主題歌を手掛けられました。

バカリズムさんの実家がお弁当屋さんで、食べ物が出てくるドラマがいいというところから始まったという「生田家の朝」

同じように朝がきて、同じように繰り返されていくことが実はとても大切です。

それこそが幸せで、それこそが平和なこと。これが脚本のメッセージで番組をやるテーマ。目指す方向だという考えから、

家族を支えているのは?→ママだ。ということで歌詞はママ目線になったとのこと。

そして脚本をもとに「いってらっしゃい」の歌詞を書いていったという福山さん。

1日が気持ちよくスタートできるような楽曲なんだとか。

ファンの方は、毎朝福山さんの歌を聴けるのもうれしいでしょうね(*´ω`*)

ということで「「生田家の朝」の放送時間は?キャストや子役、主題歌は?」について調べていきました。

ささいなことがテーマという「生田家の朝」がはじまります。楽しみですね!

Sponsored Link