週刊誌は不倫を書きすぎでみっともない!瀬戸内寂聴があさイチ出演

2/9に放送された「あさイチのプレミアムトーク」で瀬戸内寂聴さんが生出演していました。

瀬戸内寂聴さんは、現在95歳ですが、66歳年下の女性秘書との生活で最近若返っていると評判ですね!

いまでも作家として僧侶として多忙な毎日を送っているそうです。

月に1度行われる法話では、世相をズバリ斬る寂聴節も健在!

その内容も、まさかの不倫ネタでした。

Sponsored Link

瀬戸内寂聴さん「不倫をしたってどうってことない」

瀬戸内寂聴さんは小説家であり僧侶でもあります。

そんな寂聴さんが、不倫の話・・・?

と不思議に思うかもしれませんが、実は瀬戸内寂聴さんは、不倫経験者です。笑

寂聴さんが月に1度行われる法話でも不倫について話していました。

「不倫をしたってどうってことないの。ひとつしてもふたつしても似たようなものでしたよ」と、言い切っていましたよ。笑

不倫はしようと思ってするのではなく、雷のように落ちてくるようなものだから当たったら仕方がないとのこと。

ほうほう。

経験者は語るんですね。

Sponsored Link

週刊誌も不倫ネタについて書きすぎだと寂聴さん

瀬戸内寂聴さんは、週刊誌も不倫ネタについてちょっと書きすぎだと言ってました。

最近の週刊誌は、すべて不倫ネタと言ってもいいほどですよね。

それについてワイドショーでは当人には関係ない人が、奥さんがかわいいそうだの、なぜ不倫しただのあーだこーだ言ってますし。

さらに瀬戸内寂聴さんも、誰が不倫をしたとか、いちいちどこのホテルに入って何時間出てこなかったと言う記事を書いてたり、写真を撮ってたりするのは、みっともないと思うそうです。

なのに寂聴さんも、週刊誌を開けばその不倫から見てしまうそう。笑

だから人間って本当にバカだと思うと言っていました。

なるほどですね。

確かに、不倫ネタもういいよとあきれているけど、そんな不倫ネタをワイドショーや週刊誌が取り上げるということは、テレビの視聴率も稼げるし週刊誌も売れるんでしょうね。

さらに瀬戸内寂聴さんは、不倫ネタを週刊誌に書く記者が不倫してるから書くんだと言ったりしてました!

そんな考え方が!おもしろいですね、そうだとしたら。

瀬戸内寂聴は不倫に肯定的?

瀬戸内寂聴さんは、不倫については肯定的なんでしょうね。

世の中から不倫が消えたら世界の名作がなくなってしまう。源氏物語もそうですからね、と言っていましたから。

なるほど。でも現実と小説は別だ!という声が聞こえてきそうですね。

不倫には反対の人が多いと思います。というか、不倫を容認している人は少数派になってしまうと思いますね。

瀬戸内寂聴さんは、世の中の人が不倫に対して厳しいのは、他にいうことがないからじゃないかとも言っていましたよ。

つまり日本が平和だということですよね。

いいことなのか悪いことなのか・・・。いや、平和だとしてもよくはないですよね。

Sponsored Link