本田圭佑の名言「プロフェッショナルとは?」への答えが面白い…!

5月14日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演していた本田圭佑さん。

番組の本田選手は、ワールドカップに出場すること、そして世界一をあきらめていませんでした。

そんな今回のプロフェッショナルでは、本田選手の名言が出ていましたので3つ紹介していきます!

Sponsored Link

本田圭佑の名言「伸びしろ」

「プロフェッショナル」のなかで、本田圭佑選手が最も欠けていたものがあると紹介されていました。

それは、スピードと右足です。

利き足の左足に比べ、棒と揶揄された右足。つまり右足がへたくそなんですね。

それが課題でした。

本田圭佑選手はその課題を克服するため、トレーニングをつんでいました。

そのなかでの名言が、

「世界で一番課題が多いと思います。その”伸びしろ”に感じているんです。そこ まだまだ伸びるって」

と話していました。

伸びしろって、本田選手は本当に言うんですね!w

じゅんいちダビッドソンのネタだと思ってました。

ネット上の反応でも

「本田圭佑がじゅんいちダビッドソンに寄せている」

という意見があったほどです(*´ω`*)

Sponsored Link

関連記事:

本田圭佑が昔の顔と違う理由は?目がおかしいのはバセドウ病が悪化?

本田圭佑、オールアウトテストの内容が凄い!日本代表復帰はある?

本田圭佑の名言「アース」

ホームシックにならないですか?と聞かれた本田選手は

「ホームシックにはなったことないですね」

付き添いの方が、

「ホームシックもなにも(海外生活が長くて)どこがホームかよく分かんないというか」

と言われ本田選手も

「そうそう。どこがホームなんだか。出身地はもはやもう、”アース”っていう。”地球出身”っていう」

と半分冗談で言っているような感じでした。

海外生活が長いので、日本以外にいることが多いですしね。

ですが、本田選手がひろう言葉のチョイスがおもしろいですよね!w

そこか!っていう。

本田圭佑の名言「プロフェッショナルとは、ケイスケ・ホンダ」

本田圭佑選手は、番組の最後にハリル監督のサッカーについて少し話していました。

「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく。そのことの方が僕は恥ずかしいと思ってるんで。

自分を貫いた自分に誇りは持ってます」

と少しドキッとするような発言もありました。

この最後の収録は4月1日。

まだハリルホジッチ監督は解任されていませんでした。

ですが、本田圭佑選手は、最後まであきらめないと。

そして最後にこの質問に対する名言。

「プロフェッショナルとは?」

しばし考えてから本田圭佑選手は、

プロフェッショナルとは…ケイスケ・ホンダ!

…どういうことか…プロフェッショナルを今後ケイスケ・ホンダにしてしまいます。

お前、ケイスケ・ホンダやなみたいな。

と少し半笑いでしたが、

「そういう、いまハッ?と思っている人が、自然と言えるぐらいの生き様を、見せていきたいという自分への抱負を込めてこの答えにします」

と最後はこの言葉で番組は終了しました。

誰かに「おまえ、プロフェッショナルやな!」と言う言葉の代わりに、「おまえ、ケイスケ・ホンダやな!」と言う日がくるのでしょうかw

いろいろな面白い言葉やビックマウスなどと言われる言葉もたくさんありましたが、いい言葉もたくさんあり、どうしても期待してしまうんですよね、本田圭佑選手には。

ワールドカップまで残り少し、どのような本田圭佑選手が見られるのか注目していきたいです!

Sponsored Link