鉄腕DASH、城島リーダーの謝罪が泣ける…福島の農家が優しい!

5月13日の「鉄腕DASH」は事前の予告CMが意味深だと話題になっていました。

今回は感動回になるのか?とも言われていましたが、どうなったのでしょうか。見ていきましょう。

Sponsored Link

鉄腕ダッシュの予告CMが意味深!

5月12日の夜に鉄腕ダッシュの予告CMが放映されましたが、内容が意味深だと話題になっていました。

同時間帯に放送中のバラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」からCMに切り替わると唐突にTOKIOの城島茂さんと国分太一さんが画面に現れたとのことです。

他に番組スタッフらしい人物とテーブルを囲んで、

「リミットがあって。季節的な」

「植えるのは5月半ば」

などと会話していました。

これは、DASH村で行われているお米のことのようです。

国分太一さんは、

「今、僕らが(田植えの)タイムリミットに向かって動くのはちょっと違う気が」

と話しましたが、城島茂さんは一言も発しなかったとのことです。

TOKIOは鉄腕ダッシュで米を作っていて、ちょうどこの時期は田植えの時期なんだそう。

これにはネット上の反応も

「鉄腕ダッシュのCMが意味深」

「鉄腕ダッシュのCM予告が怖すぎる」

「鉄腕ダッシュのCMが重すぎる」

などの意見が多くあがり話題となっていました。

Sponsored Link

鉄腕ダッシュの番組内容欄

「鉄腕ダッシュ」予告CMが話題になっていましたが、番組内容欄もまた意味深でした。

それはまるで、突然の豪雨。行き場を無くし、立ち尽くしたまま、言葉さえ失ってしまったような気がした。それでも…男たちはまた、動き出す

との説明でした。

これも、山口達也さんを想像してしまうような文で、どのような回になるのかと話題でしたね。

鉄腕DASH、城島リーダーの謝罪が泣ける…福島の農家が優しい!

というわけで山口達也さんの事件発覚後の初めての鉄腕ダッシュの放送日。

この日は、事前CMから話題となっていましたね。

番組冒頭では、4月29日(都内会議)の内容がちらっとありました。

そして5月1日には横浜DASH海岸で城島茂さんが作業している様子。

5月4日には再始動したという世界遺産 反射炉を建設中の場所には長瀬智也さん。

職人さんやスタッフたちにも謝っている様子もそのまま放送されました。

そのあとは、DASH島で無人島を開拓し続けてきた映像が編集されたものだったようです。

山口達也さんはやはり映っていませんでした。

そして、5月1日は新宿DASHでミツバチのための巣箱を準備している国分太一さん。

などが放送され最後は、

「実際の様子をそのままお伝えするめ あえてカメラを回した映像を放送します」という画面になり

冒頭の4月29日(都内会議)の内容に戻りました。

城島さんと国分さんのシーンです。

この部分が予告CMになっていた部分ですね。

きっと、福島の農家さんたちとやっている米作りだから、自分達だけで判断して続けられないよということ意味で話していたのかなと思います。

そして、5月10日城島茂さんが直接福島で共に米作りをしてくれた農家さんたちに会いに行っていました。

そこでは福島の農家さんたちに城島さんが謝罪していました。

詳細までは映っては無かったけど説明をしに行ったのだと思われますが、しっかり筋を通しているんだなと感じました。

農家さんたちは

「明雄さんいたら”大馬鹿者”言われたかも。だけどまだまだ。」

「これから!」

「大丈夫だ」

と話されていて福島の農家さんたちが優しかったのです。

田んぼでのVTRにも昭雄さんの映像が流れていたりして、昭雄さんがいたら…という言葉は泣いてしまいますね。

「今まで津島(浪江DASH)で十何年やって、震災の時も原発事故でも一緒に逃げて一緒に苦労して(米作りを)やってきたんだからここで終わらせない。またみんなで一緒にあの米を育てていく」

と話していました。

がこの続きは近日中に放送します。

というところで番組は終わりました。

ですので、福島での米作りは続くのかも?と思う内容でした。

城島リーダーが謝罪している場面や福島の農家さんたちが優しいのには、泣けてきました。

鉄腕ダッシュは終わらないでほしいし、応援せずにはいられません…!

Sponsored Link