ゆかりの小雪、キャラは設定?宝塚では娘役だった!退団理由は何?

6月7日に放送される「アウト × デラックス」に出演されるゆかりの小雪さん。

元タカラジェンヌですが、ハイテンションとマシンガントークが話題です。

本当に宝塚にいたの?退団理由は何?また本名や事務所などについても調べてみました。

Sponsored Link

ゆかりの小雪の本名や事務所は?

ゆかりの小雪さんのプロフィールを見ていきましょう。

・ゆかりの小雪

・1993年9月8日生まれ

・大阪府大阪市出身

・身長160cm

・O型

・紫乃小雪として元宝塚歌劇団月組の娘役

事務所はスターレイプロダクション

名前は宝塚時代の「紫乃小雪」を平仮名にして「ゆかりの小雪」になったようですね。

名前だけ見ると、芸人さんかな?と思ってしまいましたがw、元宝塚の方でした!

そんなゆかりの小雪さんですが、本名は非公開となっていました。

ネット上では、柳瀬佑紀(やなせゆき)ではないか?と言われているようですが、正確な情報かは分かりません。

Sponsored Link

ゆかりの小雪は宝塚では娘役だった?

ゆかりの小雪さんの宝塚時代についてです。

2010年4月に宝塚音楽学校に入学。

2012年3月に宝塚歌劇団に98期として入団しました。

入団の成績は14番。

初舞台は宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」でしたが、2013年2月には、月組に配属されました。

2014年にショー「TAKARAZUKA 花詩集100!!」新人公演で、海乃美月らと共にヒロインパートの一部を務めます。

2015年「1789- バスティーユの恋人たち -」で初の大役・シャルロットに抜擢。

2016年、龍真咲退団公演となる「NOBUNAGA<信長>- 下天の夢-」で新人公演初ヒロイン。

2017年10月8日「All for One ~ダルタニアンと太陽王~」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団しました。

ゆかりの小雪さんは宝塚で娘役とした活躍されていたようです。

追記:あと何年かしたら娘役のトップスターになっていたかも!との情報がありました!ありがとうございます(*´ω`*)

ゆかりの小雪の退団理由は何?

ゆかりの小雪さんは2017年に宝塚歌劇団を退団されました。

24歳の時に宝塚をやめられたようですね。

ゆかりの小雪さんの退団理由は、

テレビも大好きだったので、バラエティタレントになりたいと思った」とのことです。

宝塚歌劇団を退団するのはとても悩んだし勇気のあることだったそうですが、新たな道を進むことを決められたようですね。

宝塚を退団後には、女優として活躍されている方は多いのですが、役者としては活躍されるのかが気になります!

ゆかりの小雪はキャラ設定?

ゆかりの小雪さんは、5月15日に放送された「踊る!さんま御殿!!」にてテレビ初出演。

強烈なキャラが話題を呼んでいました。

独特なペースで話すゆかりの小雪さんは、ローラやりゅうちぇるのような話し方で衝撃を受けた方が多いようです。

かなり明るいキャラクターということが分かりますね!

宝塚時代のゆかりの小雪さんファンは、キャラ変したのか?むしろこれが素だったのかと困惑している様子だとか。

また、宝塚時代の紫乃小雪さんが好きだった方も、ショックが大きかったようです。

さらに宝塚時代のゆかりの小雪さんのイメージが強い方は、キャラ設定ではないか?と思われている方も多いようですね。

とてもかわいい方なのですが、キャラ設定なのでしょうか。

ということでゆかりの小雪はキャラ設定?宝塚では娘役だった!退団理由は何?についても調べてみました。

6月7日に放送される「アウト × デラックス」では、どのような話をするのか楽しみですね!

Sponsored Link