ロシアワールドカップはいつまで?決勝トーナメント日程や放送予定!

2018年のロシアワールドカップ(W杯)が6月から開幕していますね。

ワールドカップは見ていて楽しいですが、いつまでやってるんだろう?と疑問に思ったので調べてみました。

日本がグループリーグを突破した場合の決勝トーナメントに日程や放送予定、視聴率などについてもまとめていきます!

Sponsored Link

ロシアワールドカップはいつまで?

ロシアワールドカップは、6月14日から7月15日まで開催されています。

6月14日のロシア対サウジアラビアの一戦からグループリーグでの試合が始まりました。

そして6月28日に日本がいるグループHの第3試合が行われてグループリーグでの戦いは終わり。

6月30日からは決勝トーナメントとなります。

ちなみに日本戦の結果は、

・6月19日に2−1でコロンビアに勝利

・6月24日に2−2でセネガルに引き分け

・6月28日にはポーランド戦

が行われます。

ワールドカップは約1ヶ月行われているなんて、長くてビックリですね。

楽しいですけど(・´∀`・)

Sponsored Link

関連記事:

ワールドカップtotoの配当や当選金は?買い方は?いつまで買える?

西野朗監督の若い頃はイケメンでモテすぎ?嫁や息子、家族構成は?

決勝トーナメントの日程や放送予定は?

ということで日本が決勝トーナメントに進んだときの日程や放送予定を見ていきましょう(日本時間になります)

グループHで日本が1位通過なら

7月3日 27:00〜 グループH 1位 ー グループG 2位(NHK)

そして勝ち進んだら

・7月7日 23:00〜 グループH 1位 ー グループF 1位かグループE 2位(NHK)

グループHで日本が2位通過なら

・7月2日 27:00〜 グループG 1位 ー グループH 2位(NHK)

そして勝ち進んだら

・7月6日 27:00〜 グループE 1位かグループF 2位 ー グループH 2位(TBS)

となっております。

さらに日本が勝ち進めば追記しますね(・´∀`・)

ちなみに決勝戦の日程は、

7月15日 24:00〜

3位決定戦は

・7月14日 23:00〜

となっています。長期戦ですね!

ワールドカップの視聴率

ワールドカップが始まるまではまったく盛り上がってない感があったのですが、日本が初戦のコロンビアに勝利し、大騒ぎ!話題になっています。

そんなワールドカップ日本戦の平均視聴率についても調べていこうと思います。

・6月19日放送のコロンビア戦

関東地区前半42.8%・後半48.7%、関西地区前半37.6%・後半44.1%

瞬間最高視聴率は試合終了前後の時間帯で、関東が55.4%、関西が50.7%でした。

・6月24日放送のセネガル戦

関東地区30.9%、関西地区29.2%

瞬間最高視聴率は前半が終了する間際のセネガルが攻撃している場面で、関東が37.1%、関西が35.1%でした。

ちなみに過去のワールドカップ日本戦の平均最高視聴率は、2002年日韓大会の日本対ロシア戦。

関東地区で66.1%、関西地区で58.1%とのこと。

第2戦の方が視聴率は下がっていますが、それでも高い平均視聴率をマークしています。

日本第3戦は6月28日のポーランド戦。日本は決勝トーナメント進出がかかっていて注目されています!→追記します。

ということで「ロシアワールドカップはいつまで?決勝トーナメント日程や放送予定!」について調べてみました。

ワールドカップは約1ヶ月も開催されていることがわかりました。

長いですがついみちゃいますね(・´∀`・)

Sponsored Link