「わた定」の相関図やキャストは?あらすじ、原作、脚本家は?

吉高由里子さんが主演するドラマ「わたし、定時で帰ります。」(わた定)が2019年4月からスタートしますね!

 TBSドラマ初主演の吉高由里子さんが演じるのは、”残業ゼロ!定時で帰る!”がモットーのニューヒロイン。

働き方新時代に生きるワーキングガールです。

ということで今回は、「わたし、定時で帰ります。」(わた定)

・相関図やキャストは?
・あらすじは?
・原作はある?脚本家は?
・主題歌は?

などについてまとめました!

Sponsored Link

「 わた定 」はいつから放送?

「わたし、定時で帰ります。」(わた定)は、TBS系で火曜の夜10時からの放送です。

初回の放送日は、まだ未定。

今年1月から放送の同じ枠のドラマは、深田恭子さん主演のドラマ「はじめて恋をした日に読む話」の時間帯です。

Sponsored Link

「わた定」のキャストや相関図!

「わたし、定時で帰ります。」相関図は分かり次第追記します。

「わたし、定時で帰ります。」のキャストは、

株式会社ネットヒーローズ・制作4部

東山結衣(吉高由里子)
ディレクター。絶対残業をしない主義。仕事に命を懸けるという生き方を徹底的に否定している。
仕事は効率を重視し、他人に迷惑をかけない働き方を目指している。

・種田晃太郎(向井理)
プロデューサー。結衣の元婚約者。仕事に集中しすぎると周りが見えなくなるワーカホリック体質。会社内でも随一のデキる男。

・吾妻 徹(柄本時生)
フロントエンドエンジニア。結衣の同僚。技術はあるがとにかく要領が悪いため、仕事が遅く終わらない。根っからのネガティブ思考。

来栖泰斗(泉澤祐希)
WEBディレクター見習い。結衣が教育係として面倒を見ている新人。
やる気ゼロで二言目には「辞めたい」というが、仕事の筋は悪くない。

三谷佳菜子(シシド・カフカ)
WEBディレクター。結衣の同僚。
どんなに体調が悪くても会社に来ようとする理由は、休んで居場所がなくなるのが怖いから。真面目すぎるが、融通が利かない。

賤ヶ岳八重(内田有紀)
WEBディレクター。結衣の先輩。結衣が新人時代の教育係。
現場仕事が大好きな仕事に生きるワーキングマザー。

福永清次(ユースケ・サンタマリア)
結衣のチームの部長。晃太郎の前職の社長だが転職。
誰にでもいい顔をするため、社員に無理をさせて会社の経営が傾いた。

「わた定」あらすじは?

「わたし、定時で帰ります。」の主人公は、
「定時で帰る」「残業をしない」をモットーに生きる32歳独身のWEBディレクター・東山結衣。

仕事中毒で家に帰らない父親を見て育ち、過去にあるトラウマも抱えて以来「残業ゼロ」を貫いてきた。

仕事中は、誰よりも効率を追求し、定時になるときっぱり退社。

ですが、新任の部長が赴任したことがきっかけで、曲者社員が立ちはだかる。

曲者たちが抱える問題に、結衣はどう立ち向かっていくのか。

「わた定」原作は?

原作は、朱野帰子さんのお仕事小説「わたし、定時で帰ります。」

会社員を経験もある朱野帰子さんは、徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博しています。

「海に降る」は、2015年にWOWOWにて有村架純さん主演でドラマ化されています。

「わた定」脚本家は?

「わたし、定時で帰ります。」の脚本家は、奥寺佐渡子さんと清水友佳子さんです。

「夜行観覧車」、「リバース」でもタッグを組んだ2人が担当。

繊細な人物描写とテンポのよい展開に定評があります。

他に奥寺佐渡子さんの映画脚本作品は、

「しゃべれどもしゃべれども」「八日目の蝉」「魔女の宅急便」「コーヒーが冷めないうちに」など

ドラマの脚本作品は、

他には「Nのために」

などがあります。

「わた定」主題歌は?

「わたし、定時で帰ります。」の主題歌はまだ発表されていません。

分かり次第追記します。

ということで「「わた定」の相関図やキャストは?あらすじ、原作、脚本家は?」について調べていきました。

Sponsored Link