もみ冬6話、山村紅葉が出演で火サス化!と山田くん金田一感がすごい

2/17にドラマ「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」第6話が放送されましたね。

今回は、山村紅葉さんが出演されていたので、火サス感がすごかったです。

しっかり『ジャ、ジャ、ジャーン!』というBGMも流れてますしね。

もともと「もみ冬」のなかでは火サスのBGMは流れてたみたいで、山村紅葉さんの出演はこのためだったのか?との声もあるとか。

「もみ冬」第6話では、主人公の北沢秀作(山田涼介)の父親である泰蔵(中村梅雀)が、何者かに睡眠薬を飲まされ、病院に運ばれました。

そしてその睡眠薬は、チョコレートのなかに入っていたことが判明します。

だれが睡眠薬を入れたのかを秀作や秀作の姉の知昌(波留)、兄の博文(小澤征悦)と一緒に探すというストーリーでしたね。

Sponsored Link

もみ冬第6話、山村紅葉が出演で火サス化!

もみ冬第6話では、山村紅葉さんが出演されていました。

山村紅葉さんと火サスの組み合わせが最強でしたね。

今回は一番インパクトが強かったのではないでしょうか。笑

もみ冬第六6話の内容のほうは、睡眠薬を飲まされ病院へ運ばれた日、秀作の父は大学時代の社交部の同窓会に行っていました。

その犯人は同級生のなかにいると秀作たちは断定し、その同級生達を秀作の家に呼び、問い詰めましたね。

その同級生のなかに、山村紅葉さんがいたという設定でした。

他のメンバーはスカッとジャパンにも出演してた人がいたとか。

ちょっとよりコメディ感が強くなっておもしろいですね。

Sponsored Link

もみ冬第6話、山田くんの金田一感がすごい

もみ冬第6話では、秀作を演じる山田くんが

「北沢家の名にかけて」

というセリフがありましたが、完全に金田一の「じっちゃんの名にかけて」が入ってますよね。

山田くんといえば、金田一少年の事件簿の金田一一役をしてましたから、うれしかった方も多いのではないでしょうか。

金田一の要素が強いと、また山田くんの金田一が観たくなりますよね。

もみ冬、6話、山田、山村紅葉

もみ冬第6話、山村紅葉さんと山田くんがデート

もみ冬第6話では、山田くんが演じる秀作の推理が外れましたね。

秀作は完全に、山村紅葉さんが演じるこずえが犯人だと思い込んで、家にまで押しかけましたが、見事に推理がはずれました。

そのお詫びに、デートをしてほしいと言われてましたね。

山田くんが山村紅葉さんに振り回されていておもしろかった場面でした。

 

知昌や博文からだけではなく、今回は山村紅葉さんからも振り回されていた回でした。

さて次回はどんな展開になっていくのでしょうか。来週まで待ちきれませんね。

Sponsored Link