海月姫第5話、安達祐実のノム役の再現度が高く完璧!演技がすごくて最高

2/12に放送されたドラマ「海月姫」第5話に安達祐実さんが演じたノム役がクオリティが高いと話題です!

それではあらてめて安達祐実さんについて調べていきましょう。

Sponsored Link

「海月姫」安達祐実の演技がすごい!

安達祐実さんは、1981年9月14日生まれの現在36歳です。

東京都台東区出身。

2歳のときに雑誌でモデルデビューし子役としてCMやドラマで活躍している女優さんです。

安達さん曰く、ウッチャンナンチャンが同期とのことなので、芸歴が長くてびっくりですね。

そんな安達祐実さんが12歳の時に演じたといえば、ドラマ「家なき子」で主人公の相沢すず役を演じ、一躍脚光を浴びました。

「家なき子」は、最高視聴率37.2%を記録するほど大人気の作品で、安達祐実さんのセリフ「同情するならカネをくれ」は、新語・流行語大賞に選ばれるほどの社会現象となりましたね。

安達祐実さんは、その後「ガラスの仮面」や「花宵道中」など数多くの作品で主演をし、様々なキャラクターの役をこなし演技の幅を広げています。

Sponsored Link

「海月姫」安達祐実のノム役のクオリティが高い!

「海月姫」で安達祐実さんが演じたのは、ブライス人形オタクのノムさん。

芳根京子さん演じる主人公が住む男子禁制のアパート”天水館”のオーナーの娘である千絵子の友達です。

 

安達祐実さんが演じたノムさんは、ゴスロリ服、ドレスを作っちゃうプロ。

ブライスマニアでも有名なドレス職人。

ノムさんは趣味だと言い張っているけど、プロ並みにすごいのです。

 

語尾に「でしゅ~」を付けたり「どっふぅ~」と話したりして、これまた個性的なキャラクター。

原作ファンの間では、クオリティがすごすぎる!

クオリティ高く再現してくれてうれしい。

「海月姫」のノムさんを安達祐実さんで実写化が見事と話題になっていました。

Sponsored Link

「海月姫」安達祐実さんがかわいい!

「海月姫」安達祐実さんが演じたノムさんのクオリティが高い!演技がすごい!と話題ですが、

「海月姫」原作者の東村アキコさんの作品「主に泣いてます」がドラマ化したときも、安達祐実さんは出演し演技がすばらしい!と話題になっていました。

もはや東村アキコさんの漫画の実写化には、安達祐実さんが欠かせないといってもいいほど。

 

ということで「海月姫」の今後の展開や、ノムさん役を見事に再現してくれた安達祐実さんにも注目していきましょう。