イラク日報の発見からなぜ2ヶ月以上後に発表?隠蔽か改ざんか?

イラク日報はないと答弁していたのに、今回その問題の「日報」が発見されたと、小野寺防衛大臣が発表していました。

日報が発見してから2ヶ月後以上後の発表となりましたね。

なぜ、2ヶ月以上もかかったのでしょうか。調べてみました。

Sponsored Link

イラク日報が見つかったと発表

今回見つかった文書は、イラクに派遣された陸上自衛隊の日報です。

平成16年から18年までの、376日分、約1万4000ページにわたるものです。

この約1万4000枚の紙を、上に積み上げると、高さ1メートル20センチにもなるとのことで、かなり膨大な数だとわかります。

この頃、派遣された部隊は、イラク戦争後の復興支援にあたっていました。

防衛省関係者らによりますと、

イラク派遣の日報には、部隊の活動状況や現地の治安情勢など、部隊の安全な活動に欠かせない重要な情報が記されていて、東京の陸上幕僚監部などに毎日報告されていたとのことです。

去年の2月、当時の稲田防衛大臣は、国会で

「確認をしましたが、日報を見つけることができませんでした」

と答弁していましたね。

答弁した理由について今日、稲田元大臣は

「その時は確認したけど、発見されなかったということで、その報告を受けて答弁していたものです。徹底的に捜索をして見つかったということ」

と話していました。

前回の時は、徹底的に捜索しなかったのかと疑ってしまいますね。

報告までに2ヶ月以上かかったのはなぜ?

防衛省側は、大臣への報告が2ヶ月以上かかったことに対して、

日報の探索漏れがないかといった観点から精査を重ねた。必要な作業を行なったため、時間がかかったと理解している

と話しています。

防衛省が日報の存在を発見したのは今年1月に

・陸自研究本部
・陸自衛生部

で発見しました。

この2件について、2月27日に統合幕僚監部に報告されました。

さらに、統合幕僚監部から小野寺防衛相に報告されたのは、3月31日

そして4月1日に発表となりましたね。

なぜ、発表までに時間がかかったのかについて防衛省は、

「過去の幅広い日報を調査していて、イラク派遣のものと確認するのに時間がかかった」

と説明しています。

Sponsored Link

イラク日報の発表が遅れたのは隠蔽か改ざんか?

財務省の決裁文書の改ざん問題が続いていて、今回の問題。

イラク日報の発覚から発表までが2ヶ月以上もあり、その間に改ざんをしたのかとも言われていますね。

また去年の2月に、当時の稲田防衛大臣は、国会で

「確認をしましたが、日報を見つけることができませんでした」

とハッキリ廃棄したと言ってるのに、イラク日報があったわけですから、隠蔽しようとしていたのでは?と言われても仕方ありません!

これが問題なのです。

文書自体の保管方法がどうなっていたのか、そしてなぜ、見つけられないのかが疑問なわけですが。

やはり稲田前防衛大臣が、一度なかったとしていた日報があったのですから、

「見つけることが現状できませんでした」

ならまだ分かるのですがね。

森友問題がなかったら、イラク日報が発見したと発表しなかったかもしれません。

自分が不利なことはしないでしょうからね。

誠実に日々の業務をこなしてほしいものです。

二階さんはこの件について

行政は信頼を失ったら何もできなくなってしまう。信頼を回復するように全力をあげてもらいたい

と話していましたが、本当にその通りですね。

 

ということで、イラク日報の発見からなぜ2ヶ月以上後に発表になったのか?やはり隠蔽や改ざんなのか?について調べてみました。

文書の管理がずさんですね。管理が下手なのか、人手が足りないのか。

どっちにしろ、隠蔽や改ざんか?と疑われないようにクリーンな政治をしてほしいものです。

Sponsored Link