キャバクラヨガとは何?林芳正文科相が通うセクシー個室の場所はPSY!

林芳正文部科学大臣が、平日の昼に”セクシー個室”ヨガに通っているとスクープされていました。

今回の問題点とは何か。また、林芳正文科相が通うキャバクラヨガとは何?その場所や価格などを調べてみました。

Sponsored Link

林芳正文科相のプロフィール

スクープされてしまった林芳正文科相のプロフィールを調べてみました。

林芳正(はやしよしまさ)さんは、1961年1月19日生まれで出身地は東京都。

1984年に東京大学法学部を卒業。

1991年にはハーバード大学政治学大学院特別研究生→1992年にハーバード大学ケネディ行政大学院入学、1994年には終了しています。

現在は、政治家で、文部科学大臣です。

林文科相といえば、前川喜平前文科事務次官が講演した内容を聞いてきたとかで問題になっていましたが、否定してましたよね。

関連記事:前川氏講演への文科省の介入はなぜ異例?授業照会は議員の言いなりか?

そして前川氏といえば、出会い系バーに通っていたというスキャンダルもありました。

文科省の人は、こんな人ばかりなのかと思われてしまいます。

文部科学省って、教育をつかさどる国の行政機関なのに、もしこの報道が本当だとしたらそこのトップとしてはよくない行動ですね。

少なくとも子どもの教育にはよくないです。

Sponsored Link

林芳正文科相の問題点はどこ?

林芳正文科相が文春にスクープされましたね。

今回、文春砲でスクープされた問題点というのが、公用車でキャバクラヨガに通っていたということです。

公用車を私用に使うというのは、国民が納めた税金を私用に使っているということで、それが問題なのではないかと思われます。

ただし、こんなに国会が政治家の不祥事で機能していないときに、公用車を私用で使っていたというだけでなく、行先がキャバクラヨガだったことがさらに問題を複雑にしそうです。

そりゃそうですよね。

そんなの、国民の誰も納得するわけありません。

ましてや、報道が事実なら恥ずかしい…

また政治家のスキャンダルか!という思いですよね。

4/25追記:公務と公務の間であれば私用で公用車を使っても問題ないと文科省は発表していて規則上は問題ないとのことです。

キャバクラヨガとは何?

ということで今回スクープされた林芳正文科相が通っているとされている、キャバクラヨガとは何?なのですが、

元セクシー女優(との報道)が経営しているお店で、個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターが一対一でヨガを指導してくれた後に、オイルマッサージなどを行う

というのが報道された内容でした。

キャバクラ嬢が行うヨガだから、キャバクラヨガなんですかね?

なんか、怪しいネーミングですね。

キャバクラヨガとは、要はオイルマッサージ店で、女性専用のオイルマッサージ店というのは、結構流行っているんだそうです。

正々堂々、「男性向けサロン」に行くことができない政治家などのお偉いさんが通うことができるのが、表向きはオイルマッサージ店のキャバクラヨガ・セクシーヨガ。

昼間から営業してるので、決して入店をためらうような店ではないとおもわれます。

個室ヨガ店だということなので、おそらくですが、まず女性を指名してその方がヨガをするのを指名客がみるもの。

これは、女性がヨガを単独で行うことがほとんどなんだそうです。

そのあとに、個室でオイルマッサージを女性が男性に行います。

なので、キャバクラヨガというものは、実際はヨガをしていないのでは?とおもわれます。

ここまで書いていて、笑っちゃうというか恥ずかしくなるというか…。

ですが、今回の報道があった店は、キャバクラヨガのお店であるのかは分かりません。

4/25追記:林文科相は「一般的なレッスンのヨガとマッサージを受けていた」と説明しています。

林芳正文科相が通うセクシー個室ヨガの場所は?

林芳正文科相が通っているとされたセクシー個室ヨガと報道されたお店は、

株式会社ポジティブスターヨガで、PSYと言われています。

場所は、渋谷区恵比寿南2-20-2ガイア恵比寿ビル7階にあります。

4/25追記:ちなみにこの店はセクシー個室ヨガというものではなく、一般的なヨガのお店だと経営者は説明しています。オイルマッサージもしていないとのことでした。

林芳正文科相が通うセクシー個室ヨガの価格は?

今回林芳正文科相が通っていたこの店の価格は、男性なら1時間1万1000円、女性なら3000円です。

なんで、この価格差?

内容は、男性は基本的には1人のレッスンで、女性の場合はグループレッスンだから、この値段になるみたいです。

なので、内容は一緒だけど人数によって値段が違うってことでしょうかね?

 

ということで今回の内容は、サービス自体はあやしいものとは断定できませんが、妻がいる立場で一男性が個室で女性にサービスを受けるということだけでも、家族は悲しむのではないでしょうか。

健康のためなら、グループで行うヨガでいいわけですから。

また、公用車を私用に使って行くという報道だけ見れば完全にアウトだと思ってしまいますしね。

政治家は、疑惑を持たれないように行動していくしかないのかもしれません。

Sponsored Link