ハケン占い師アタルのキャストや相関図!原作、脚本家、主題歌は?

杉咲花さん主演のドラマ「ハケン占い師アタル」が2019年1月から放送されますね!

主人公は派遣社員。いつもにこにこしながら働いているが実は、特殊能力の持ち主。

この能力を駆使しながらまわりの正社員たちの悩みを根本から解決していくというストーリーとのこと。

そんな今回は、

・キャストや相関図は?
・あらすじは?
・主題歌は?
・放送日はいつから?
・原作、脚本家は?

などについて調べてみました。

Sponsored Link

「ハケン占い師アタル」放送日はいつから?

「ハケン占い師アタル」はテレビ朝日系で木曜の夜9時からの放送。

初回の放送日は、1月17日(木)夜9時スタート!初回拡大スペシャルです。

今年10月から放送だった同じ枠のドラマは、米倉涼子さん主演のドラマ「リーガルV」の時間帯ですね。

Sponsored Link

「ハケン占い師アタル」相関図やキャスト!

「ハケン占い師アタル」の1話放送前の相関図になります。

「ハケン占い師アタル」のキャストは、

アタル / 的場 中(杉咲花)
派遣社員。過去については語りたがらない。

上野 誠治(小澤征悦)
主査。プライドが高く、傲慢で傍若無人。

神田 和実(志田未来)
正社員。自分の選択に自信がなく、常に緊張し内心びくびくしている。

目黒 円(間宮祥太朗)
正社員。坊ちゃん育ちで上から目線。

品川 一真(志尊淳)
正社員。入社一年目だが転職を熱望している。

田端 友代(野波麻帆)
正社員。独身。残業は一切しない。

大崎 結(板谷由夏)
課長。責任感があり仕事ができるが、NOといえない性格。

キズナ(若村麻由美)
占い師。素性は謎。

代々木 匠(及川光博)
部長。親会社から出向してきている。出世欲が強い。

「ハケン占い師アタル」原作は?

「ハケン占い師アタル」に原作はありません。

「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」を手掛けた遊川和彦さんが脚本を担当します。

「ハケン占い師アタル」脚本家は?

ということで「ハケン占い師アタル」の脚本家・遊川和彦さんについても見ていきましょう。

遊川和彦さんは、1955年生まれで東京都出身で広島県育ち。

1987年に本格的に脚本家デビューしています。

主な脚本作品は他にも、

「GTO」「魔女の条件」、「女王の教室」「純と愛」などがあります。

映画「恋妻家宮本」では監督と脚本を担当しています!

「家政婦のミタ」のような斬新なヒロインを誕生させてきた遊川和彦さん。

「ハケン占い師アタル」今回はどのようなヒロインとなるのか。ちなみに演出も担当するとのことですよ。

「ハケン占い師アタル」あらすじは?

「働き方改革」とは言われいてもなかなか解決されないのが!”働く人々のリアルな悩み”

人間関係や仕事との向き合い方で行き詰まり、頭を抱え続ける人は多数います。

湧き上がる職場での葛藤や悩みに光を当て、働く人々を希望の道へと導く”ニュータイプの救世主”こと派遣社員のアタル(杉咲花)

アタルはいつもにこにこ働いていますが、実は特殊能力が!

悩みや他人のあらゆることが見えてしまうのです。

アタルは、そんな一種の占い能力を駆使し、まわりの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していきます。

「ハケン占い師アタル」主題歌は?

「ハケン占い師アタル」の主題歌は、まだ発表されていません。

分かり次第追記していきます。

ということで「ハケン占い師アタルのキャストや相関図!原作、脚本家、主題歌は?」について調べていきました。

Sponsored Link